hand,made

quarter

inokuchi kota
 

recent entry

contentes

**about me

architecture

platform

selected

diary
made,in,paris
travel
works
monocrome
color
monologue

all entries

archives


▲NOW

comments

links

guests

otogibako

2008.07.21 kissD
IMG_6505.jpg


rawIMG_6645_1.jpg


IMG_6556.jpg


edit_6533.jpg


IMG_6552.jpg


IMG_6521.jpg


rawIMG_6640.jpg

edit_6570.jpg


edit_6579-1.jpg


IMG_6592.jpg


edit_6575.jpg


IMG_6504.jpg


違う夢を見た、夢の中でもそれを見た

羊に草、君には花を

淡い花 君の影は?

夢を重ねて写す夢

赤が影に染み込んだ

海の光は陰となり

空は蒼を映す

海は空で、空は雨で、雨は海

君の誘惑と僕の短絡はあわさって

悪魔はどこにいるのとそそのかされる

夢をかける者がいて、君に追いつけない

色の中にある夢を

demi-rêves dans vert

herbe pour mouton, fleur pour toi.

le clair de fleur, l'ombre de toi.

superposer des couleurs

des gouttes rouge dans l'ombre

l'ombre de qu'il a plu est la mer,
le ciel se reflète dans azur.

de la mer vers le ciel,
du ciel vers la pluie,
de la pluie vers la mer.

les attentes de la ville,
le court-circuit de moi.

la séductrice avec le démon

la traversée de temp

la pluie qui est là-bas,
la prairie qui est encore là-bas.

le rêveil des couleurs


言葉遊びをしながら綴ると恥ずかしい詩が出来上がる。恥ずかしいが載せてみる。

むこうで最後にやった、一つの箱にシーンを詰め込む課題は久しぶりに出し切ることができた。

今までずっと考えていた質感と印象の行き来を丁寧に結ぶための解像度と肌理の選び方を実践できたことはとても勉強になった。

余白がなくなるくらいに丁寧に書き込むことの難しさは、余白にあるある種のはったりのようなものを払いのける作業のようだと思った。


コメント4
トラックバック0

6月9日

2008.07.21 kissD
IMG_6621.jpg


IMG_6626.jpg

夜の散歩をする機会もあと何度あるだろう。
三脚を担ぐことは撮ることのできる表現の幅を考えるとたいしたことではないように思えた。
コメント0
トラックバック0

パリ

2008.06.10 kissD
IMG_6292.jpg


ようやくエッフェル塔に登った。ここからのパリの景色は新鮮で、地図とは違う地区の関係が見える。

どこかの街に着いたら、まず高いところに登ってみようと思った。
コメント0
トラックバック0

water/

2008.06.09 kissD
edit_6345.jpg
コメント0
トラックバック0

2008.05.28 kissD
IMG_5905.jpg


IMG_5919.jpg


IMG_5921.jpg


IMG_5922.jpg


IMG_5925.jpg


IMG_5931.jpg


IMG_5938.jpg


IMG_5962.jpg


IMG_5964.jpg


IMG_5968.jpg




コメント0
トラックバック0

May Day

2008.05.01 kissD
edit_2939のコピー


メーデーだって、今日はまちぼうけ。
コメント0
トラックバック0

room/garden

2008.04.30 kissD
edit_0801.jpg


ヨーロッパに来て、暮らしかた、豊かさの違いに驚く。彼らはしあわせについてよく知っている。
コメント0
トラックバック0

50/100

2008.04.30 kissD
IMG_0019.jpg


床、抜けたりしないよね。
コメント0
トラックバック0

3

2008.04.19 f710
DSCF0168-1.jpg


双子とは不思議なものである。
コメント0
トラックバック0

光を纏う

2008.04.07 kissD
k_edit_IMG_8024.jpg


あの時、たしかに輝いていたよ。
コメント0
トラックバック0

villa dal'ava

2008.03.05 kissD
次、ダラヴァ邸。


k_p_IMG_7405.jpg


あまり良い写真は撮れず。しかし、裏の空き地から庭目前まで接近することに成功。

でも、真似してつかまっても責任とらないから。笑
コメント2
トラックバック0

Jean Prouvé/Maisons métalliques

2008.03.04 kissD
パリ外周をめぐるトラムに乗って、郊外にある建物を見に行きました。

まず、ジャン・プルーヴェのムードンの住宅。

k_p_IMG_7348.jpg


k_p_IMG_7344.jpg



k_p_IMG_7347.jpg



k_p_IMG_7352.jpg



k_p_IMG_7351.jpg



k_p_IMG_7350.jpg



k_p_IMG_7349.jpg



k_p_IMG_7359.jpg



k_p_IMG_7363.jpg


こちらは木造バージョン。かっちりした金属バージョンに比べてのんびりした印象。
これらは実験住宅とのことで、各々の差異を見つけながら歩くのは楽しかったよ。


k_p_IMG_7372.jpg




k_p_IMG_7374.jpg




k_p_IMG_7370.jpg



k_p_IMG_7377.jpg



k_p_IMG_7382.jpg



k_p_IMG_7386.jpg





ここに限った話ではないのだが、こちらに来てからきれいに磨き上げられた窓に出会うことがとても多い。
僕が窓ばかり見てるせいなのかもしれないが、とにかくきれいなのだ。

おかげで映り込みまできれいに撮れてうれしい・・・のはもちろんなのだけど、住みこなしのうまい人たちに住まわれた住宅は誰が設計したにせよ、しあわせだなぁと思うわけです。

それから、日本と違うのだなと思うのは、きれいに整えられた庭木やバルコニーが街路に向けて開かれていること。
日本の整えられたそれらはわりと家主住戸に向かって開かれていることが多いと思うのだが、ここではその辺のアパルトマンであっても路上と私的な庭、バルコニーに見る見られるの関係ができていることが多い。

素敵な使われ方を帰るまでに少しでも多く見つけられるといいなと思う。



行き方メモ:パリ郊外を走るトラムT2、Les milons で下車徒歩20分
93, route des Gardes, Meudon, France




コメント0
トラックバック0

Firminy-Lyon-L'Arbresle-Montbard

2008.02.18 kissD
学校が終わって春休みに入ったので、2泊3日の小旅行に行って来ました。

最近、パリはまた寒くなってきた。白い息の中、gare de Lyonを出発。

s-IMG_6315.jpg


s-IMG_6318.jpg
コメント2
トラックバック0

La Fête d'haruki

2008.02.17 kissD
同じ学校に通っていて、先日帰国したいたハルキくんのさよならフェットに行って来ました。
80人くらい来てて、ものすごいにぎやかでした。

fete dharuki2
コメント0
トラックバック0

Montmartre/Attente

2008.02.11 kissD
待ち合わせまでに、モンマルトルで暇つぶし。

s-IMG_6224.jpg



s-IMG_6249.jpg



s-a_IMG_6257.jpg



s-IMG_6259.jpg


s-a_IMG_6256.jpg


コメント0
トラックバック0