hand,made

quarter

inokuchi kota
 

recent entry

contentes

**about me

architecture

platform

selected

diary
made,in,paris
travel
works
monocrome
color
monologue

all entries

archives


▲NOW

comments

links

guests

瑞龍寺

2016.02.23 5D2
20-edit IMG_5224


20-edit IMG_5237



富山県を代表する寺。現在の姿になったのは17世紀後半。禅宗様の力強い意匠が特徴。国宝。
細部を追っていくと教科書に出てくる禅宗様であるが、全体的に野球少年のようなさわやかさと溌剌さを感じるのは、砂利でなく刈りそろえられた芝生や、低く整えられて高さを強調する庭園の設え、軽やかな鉛瓦の屋根、三和土の回廊、肩幅の広いプロポーションのせいではないかと思った。

潔い姿に詰組と扇垂木が控えめであるが、華やかな印象をつくっている。

雪はほとんど解けてしまっていたが、きっと雪が似合う。


コメント0
トラックバック0
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://toomany.blog78.fc2.com/tb.php/566-d5d9864d