hand,made

quarter

inokuchi kota
 

recent entry

contentes

**about me

architecture

platform

selected

diary
made,in,paris
travel
works
monocrome
color
monologue

all entries

archives


▲NOW

comments

links

guests

スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タピオラの教会

2016.11.27 dp0q
3k edit DP0Q0956



3k edit DP0Q0952



3k edit IMG_9881



3kedit DP0Q0967



3k edit IMG_9884


主役は光。
深いシェルフのような窓は2種類の光の演出を同時につくりだしている。

ひとつはその深さによって太陽からの直射日光は向きがそろえられ、スポットライトのように空間全体を移ろい、祭壇を横断することで空間に時間をからめたピークをつくるもの。

もうひとつはこの深い窓の側面に天空光が反射し、非常に、(大きすぎるほどの)大きな気積を満たす柔らかな光。

単純な操作ではあるが、おおらかさと複雑さを兼ね備える豊かなアイデアである。

全体的にそっけなく、ざっくりしたコンクリートブロックが教会に合うのは、その取り扱いが大きな面であることから、相対的に荒いコンクリートブロックの肌理が細かなものとなり、杢グレーのニットのようにやわらかく心地よい斑として感じられる。また、目地の白い線も隠さずに出ているが、これが垂直性を感じさせて大きな壁面にきりっとした印象を与えている。

とても良かった。また行きたいと思った。


タピオラの教会 アールノ・ルースヴォリ
Tapiolankirkko, Aarno Ruusuvuori, 1965


コメント0
トラックバック0
= Comment =
  • Name 
  • Mail 
  • Url 
  • Text
  • Pass 
  •  Secret

= Trackback =
Trackback Url
http://toomany.blog78.fc2.com/tb.php/580-8f742fd6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。